NEWS & TOPICSニュース & トピックス

研究用試薬
2017.06.07
CYP3A4G/7R HepaRG®(光るHepaRG®細胞) の研究成果がSCIENTIFIC REPORTS に掲載されました。

鳥取大学 染色体工学研究センター(現 東邦大学 幹細胞リプログラミング研究室)多田政子教授と、弊社・セルテクノロジー室が実施した、CYP3A4G/7R HepaRG®(光るHepaRG®細胞) の共同研究の成果が、2017年6月6日にSCIENTIFIC REPORTS に掲載されました。

 

【タイトル】
Fluorometric evaluation of CYP3A4 expression using improved transgenig HepaRG cells carrying
a dual-colour reporter for CYP3A4 an CYP3A7.

 

【著者】
Takafumi Ueyama, Saori Tsuji, Takemi Sugiyama, Masako Tada.

 

【掲載論文】
Scientific Reports 7, Article number: 2874 (2017)
doi:10.1038/s41598-017-03146-5
論文掲載ページ

 

■CYP3A4G/7R HepaRG®については、以下をご参照下さい。
CYP3A4G/7R HepaRG®(光るHepaRG®細胞)の製品ページへ

 

詳細につきましては、お問い合わせ下さい。